お中元にお茶をお薦めする理由

お中元の季節になり、大切な方、お世話になった方などに何を贈ろうかと考えている方も多いのではないでしょうか?
たいへんありがたいことに「毎年、お中元はお茶に決めてます」という方もいらっしゃいます。お中元にお茶を選ぶ理由として、「賞味期限が長くて保管がしやすいから、頂き物が多いご家庭にも喜ばれるから」とか、「どこのご家庭もお茶は飲まれるから」とか、「お茶は種類も多いし、いろんな詰め合わせが出来るから」ということもありますが、それだけではありません。
そこで、改めて「お中元に『お茶』をおススメする理由」をご紹介します。


 

理由1 身体にいいものだから!

なんといってもやはり、第一の理由は、「お茶は身体にいいものだから」です。
お中元やお歳暮などのギフトは、「大切な人への贈り物」。
最近の夏の暑さはますます厳しくなっていますので、大切な方の「健康」が気になることだと思います。体調を崩して免疫力が落ちていると、新型コロナウィルスや食中毒などへの感染もしやすくなってしまいます。そこで、おススメなのが、「カテキン豊富な緑茶」です。
カテキンは、毒素を消す解毒作用、細菌の細胞膜を破壊する殺菌作用があり、食中毒予防に大きな効果を発揮します。普段飲んでいる緑茶の濃さの20〜40分の1程度の濃度であっても殺菌効果が認められたというデータもあるほどの強い殺菌効果が期待できるようです。
免疫力が落ちやすい季節だからこそ、大切な人の健康を気遣ってカテキン豊富な「お茶」を贈ることを、おススメします。

参考:「奇跡のカテキン」島村忠勝(PHP研究所)
 

理由2 茶寿だから!

二つめの理由は、「お茶は長寿祈願の意味があるから」です。
日本には60歳の還暦から始まり、節目節目に特別の呼び名で「長寿を祝う風習」があります。70歳(古希)、77歳(喜寿)、80歳(傘寿)、88歳(米寿)、90歳(卒寿)、99歳(白寿)、100歳(百寿)、108歳(茶寿)などの長寿祝いの品などが届いたこともあるのでは無いでしょうか?108歳「茶寿」というのは、お茶という文字の草冠部分が「十」が2つ20に、下の部分は「八+十+八」で88で合計すると108になるからです。
人生百年時代とはいえ、やはり、100歳を超える長寿はとても貴重なこと。だからこそ大切な方が108歳を超えるほどの長寿を迎えられることを願い、「茶寿」の「お茶」を贈ってはいかがでしょうか?

 理由3 お盆の季節だから!

三つ目は、お茶は「お盆・仏教・仏事と縁が深いから」です。
お中元の季節はお盆の季節でもあります。実家に帰省した際の手土産は仏壇に供えてから頂く、という家庭も多いでしょう。
1191年、臨済宗の開祖「栄西禅師」が佐賀県脊振村にある霊仙寺で初めて茶種を撒いたことが日本でのお茶栽培の始まりとされています。
中国の僧侶が「万病に効く薬」として日本に持ってきた「お茶」。その万病に効く薬草を日本でも育てようと多くの経典と共に、過酷な船旅を乗り越えて茶種を持ち帰った栄西。
今でも毎日健康を祈願して仏壇にお茶をお供えしているお寺やご家庭もあります。
お盆の季節、僧侶が薬草として持ち帰ってくれたお茶を大切な方へ贈ってみてはいかがでしょうか?

理由4 境界の区切りだから!

四つ目は、「お茶は境界を越えて信頼関係を作る意味があるから」です。
自分の土地とよその土地とを分ける垣根としてお茶の木が植えらえていたことから、お茶には境界を区切るという意味合いがあるそうです。
戦国時代に生きた千利休は、茶室の中では平等という意味から、どんなに身分が高い人でも、刀を外し頭を下げなくては茶室に入れないように小さな入り口(にじり口)にしました。
境界を区切る茶の木、茶室には刀を持ち込めず平等であること。お茶を贈る、お茶を一緒に頂くということは、境界を越えて親しくすること、という意味でもあります。
お中元を贈る大切な方と境界を越えて一緒にお茶を頂くことが出来るような信頼関係を築きたいという思いを込めてみてはいかがでしょうか?

理由5 ゆげ製茶は安全安心だから!

そして最後、「ゆげ製茶のお茶は安全安心だから」です。
昨今は、アレルギーなどの健康上の理由から、食料品や日用品などにもこだわっている方が増えています。洗剤やシャンプーなどの成分表示や、食料品も無農薬かどうかなどをチェックされている方も増えており、大手スーパーの中にも、「オーガニック商品コーナー」が出てきました。「せっかく頂いたけれど、この商品の香りは苦手」とか、「この商品で以前アレルギーが出たから使えない」というご経験もあるのでは無いでしょうか?
きっとどこのご家庭も、日用品は、いろんな意味から安心できるもの、愛用しているものが決まっていると思います。
ゆげ製茶では、の30年以上前から減農薬減化学肥料に取り組んでおり、三番茶以降は商品にはせずに「御礼肥え」として茶畑に戻しています。土づくりから茶の木の手入れ、茶摘み、そして加工・販売まですべてを自分たちで行っている「自園自製自販」ですから、責任を持って茶葉まで食べられるほどに、自信があるお茶を作っています。だからこそ、安心安全に強いこだわりを持っている方にこそ、贈って頂きたいお茶です。


八女茶通販のゆげ製茶への電話でのお問い合わせは0943-32-1534まで
ラッピンング・のし等、無料で行っております。

売れ筋商品